2012年06月07日

消費増税分を負担を価格転嫁できない中小企業に対策!末端は消費者なんですけど!

むむむ。
消費増税関連法案の焦点の一つが中小企業の価格転嫁問題。増税分を取引価格に転嫁できない中小企業が続出し、経営が一気に悪化、倒産に追い込まれかねないとの懸念が広がっている。

政府・与党は違法行為の監視強化などの対策取りまとめを急ぐが、果たして実効は上がるのか、中小企業者の理解を得られるのか。
利益を削って消費増税分を負担 価格転嫁できない中小企業の苦悩 -  ニュース・コラム - MSNマネー

中小企業・・・と出ると、国民のため・・・みたいなイメージがありますけど。

よく考えると、「買わない」、「買う量を減らす」以外の選択肢がない消費者が圧倒的多数なんですけど!

 

その辺りを懸念するなら、累進課税を、ちょびっと強くして法人税とかを上げたらどうかしら?

と思うのだけど、それが出来ないで、ずっと進んできたのですからなぁ。

 

私が、老人になるころは、日本はボコボコになっていると思います!


スポンサーリンク
posted by アソシエイト侍。 at 08:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: